忍者ブログ

我龍覚書

我龍で作るニュース中心の覚書。。。 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「鼻くそ王子」に続き…平山、ピッチの爆笑王蹴名
今度は投げキッスパフォーマンス

北京五輪を目指す反町ジャパンは、中国を2-0で撃破。国内初陣を快勝で飾った。中でも注目を集めたのが、デビュー戦でゴールを決めたFW平山のエンターテイナーぶりだ。その天然ボケぶりにスタジアムは大爆笑。今後も平山人気がU-21を引っ張っていくことになりそうだ。

心配されたチケットも当日券が異例の1万枚超の売り上げで、関係者を安堵(あんど)させた中国戦。最高の盛り上がりを見せたのはやはり、怪物FW平山の仰天パフォーマンスだった。

1-0で迎えた後半37分、高校時代のチームメートMF中村からの右クロスをGKがはじいたところ、ボールが逃げ腰の平山に当たってゴール。まさかと観客が目を疑ったのはその後だった。なんと、両手を広げて初ゴールを祝う“投げキッス”。

平山といえば、10月6日の夕刊フジに掲載された鼻くそをほじる写真が話題となり、付いたあだ名が「鼻くそ王子」。その自然児ぶりからは想像もつかない、まさかのパフォーマンスにスタジアムは大爆笑となった。

そのゴールについて、平山は、「ゴールですか? 手…(数秒)。」

取り囲む報道陣に“それまずいんじゃない?”の雰囲気が流れると、あわてて「肩っ、肩っす」と言い直した。これには報道陣も大爆笑。鳴り物入りの怪物FWのデビュー戦は、“爆笑王”としてのデビューともなった。

投げキッスのパフォーマンスについては、「リーグ戦での初ゴールでは広告の看板を蹴っとばして怒られたので、今回はおとなしく行こうと思いました」と平山。前半、DFと競り合い、バンザイの姿勢でポストプレーを背中に当てたり、DFと競り合ってすっ転ぶだけでも、なぜか笑いの渦。何をやっても絵になる選手というのはよく聞くが、思わず笑いがこみ上げてしまう平山の才能の方こそ貴重だ。

日本代表の大熊コーチは、「平山のデキをどういう風に判断したらいいのか分からない。ゲームごとに違いすぎる」と評価を棚上げにしたが、平山は「FWは結果がすべてだよ」と“語録”も復活。平山がこの調子で行けば、U-21の未来も明るい!?

PR

ブログ内検索

カレンダー

08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

プロフィール

HN:
上村龍司
HP:
性別:
男性

最新コメント

最新トラックバック

バーコード

フリーエリア

アクセス解析

忍者ブログ [PR]
Copyright(c) 上村龍司. All rights reserved.
Powered by 忍者blog
Template Designed by miu_uim